‘イベント’ カテゴリーのアーカイブ

創立70周年記念シンポ・「中国農業の現在を知る、学ぶ」資料集が出来ました

2010年6月18日 金曜日

創立70周年記念シンポ・「中国農業の現在を知る、学ぶ」資料集が出来ました。(当日参加の方には配布済み)

皆様のご協力により6月5日の農文協創立70周年・亜農交創立50周年記念シンポジウム「中国農業の現在を知る、学ぶ」が無事終了いたしました。

tyuugokusinpo

2007年7月1日から、中国で初めて農協(農民専門合作社という)が合法的に位置づけられることになり、各地で結成が進んでいます。現在25万合作社。しかし、農家の力が弱く、その主たるものは大型農家あるいは農業参入企業が主導するもので、農家は土地、労力を生かせない危険もあります。それどころか、そのような合作社が主流になると、対日輸出などを企業的に追求してくる可能性もあります。

農文協が交流している鎮江市では戴庄村有機農業合作社が誕生し、農家のための農家による運営・学習と生産・加工・販売に取り組み農家所得は大きく拡大し始めています。もちろん対日輸出ではなく、地元及び周辺都市との関係性づくりが基本です。

これらのことを明らかにしたシンポでしたが、農家、農協など多数の参加が得られたことで、今後の道筋、やるべきことが見えてきた感じです。

当日の資料冊子が出来ました。ご希望の方に有料でお分けいたします。中国の現状を把握し、交流の意義を確認する上での参考にしてください。

なお、「現代農業」8月号主張も中国関連の予定です。

資料集お申し込みはこちら から(1,000円 送料400円)

70周年記念シンポジウム・中国 農業の現在を知る、学ぶ 開催のお知らせ

2010年5月13日 木曜日

農文協創立70周年・亜農交創立50周年記念シンポジウム

「中国 農業の現在を知る、学ぶ―東アジア型農業の根幹 家族経営とその組織化―」を6月5日に開催します。

詳しくは日中農業交流活動のHP をご覧ください。

農文協創立70周年・亜農交創立50周年 記念シンポジウム
「中国 農業の現在を知る、学ぶ―東アジア型農業の根幹 家族経営とその組織化―」


■日程
期 日 2010年 6月 5日(土)
午 前 10:00 ~ 12:00(挨拶・報告)
午 後 13:00 ~ 17:30(報告・質疑応答・討論)
夜  17:45 ~ 19:45(懇親会)

■会場
日本出版クラブ会館 3階(150名程度)
東京都新宿区袋町6番地

■参加費
1,500円(資料代)
3,000円(懇親会費)

■趣旨
(社)農山漁村文化協会(農文協)創立70周年、(財)亜細亜農業技術交流協会(亜農交)創立50周年および農文協日中農業交流活動25周年にあたり、東アジア農業・農村発展のあり方を考える記念シンポジウムを下記のとおり開催いたします。
数千年も続いた家族経営を基本とした東アジア農業は、ここに来て様々な試練を受けるようになり、その農村社会も劇的な変化を遂げようとしています。東アジアの国々には、政治体制、発展段階および国土面積などが異なるものの、家族経営のほかに「分散錯圃」、作物栽培構造および労働力構造などについて多くの共通点があります。そのため、相互に学びあい切磋琢磨することの意義は非常に大きいです。このような姿勢で農文協と亜農交は、長年にわたり中国と農業・農村分野で農家同士をベースに様々な交流を展開してきました。
この度、中国農業の最先端で奮闘されている研究者と実践家である四人をお招きして、東アジア農業・農村の共同発展に寄与する議論を行い、日中農業交流の意義を再認識することを目指します。

主催:(社)農山漁村文化協会 /(財)亜細亜農業技術交流協会

■問い合わせ先
(社)農山漁村文化協会
日中農業交流グループ
担当:張安明・倪鏡・大竹
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
TEL.03-3585-1144
FAX.03-3585-3668
E-mail:nongye@mail.ruralnet.or.jp
URL:http: / /nongye.ruralnet .or. jp/

ご案内とお申し込みは こちら


シンポジウム地域・コミュニティ・ 共同体の「未来への可能性」開催のお知らせ

2010年4月13日 火曜日

地域力フォーラム

地域・コミュニティ・ 共同体の「未来への可能性」

◆基調講演 「地域の力」 内山節氏

◆日時 2010年5月9日(日)

フォーラム 13:30~19:00(開場13:15)

懇親会 19:30~21:00

◆会場 フォーラム 明治大学リバティータワー 1103教室

懇親会 明治大学別棟1階 カフェパンセ

(東京都千代田区神田駿河台1-1 JR御茶ノ水駅徒歩5分)

◆参加費 フォーラム 3000円  懇親会 2000円

◆定員 160名(申込み先着順)

「無縁社会」「オールドニュータウン」「限界集落」……人びとの社会的孤立が深刻化するいま、哲学者の内山節氏は、「関係性、共同性、結びつき、利 他、コミュニティ、そして『共同体』が未来へ向けた言葉として使われるようになってきた」と述べています(農文協『共同体の基礎理論 自然と人間の基層か ら』(「シリーズ 地域の再生」第二巻)。

また農文協が、この春創刊した「季刊地域」は、その目的をこう述べています。

「いま、政治や経済がいかにゆるごうと、『ゆるがぬ暮らし』『ゆるがぬ地域』をつくり出そうとするさまざまな実践が各地で行なわれています。本誌 は、そうした人びとや地域に学び、地域に生き、地域を担い、地域をつくろうとする人びとのための雑誌です」

地域・コミュニティ・共同体の「未来への可能性」が問われるいま、農文協は、『共同体の基礎理論』の発行、『季刊地域』の創刊、そして「農家に学ん で70年」の農文協創立70周年を記念し、かがり火発行委員会、三人委員会哲学塾ネットワークとの共催で、下記のように「地域力フォーラム」を開催しま す。

お申し込みは20100509_3(PDF)

シンポ・「ゆるがぬ暮らしを地域から」3・13(土)開催

2010年2月2日 火曜日

シンポジウム「ゆるがぬ暮らしを地域から」2010年3月13日に開催!

★★ おかげさまで定員いっぱいになりました。 ★★

グローバルな危機をローカルに乗り越える――
このシンポジウムで、そもそも地域とは何か、地域はいま、何ができるのか、そして、
地域に根ざした仕事づくりについて、ともに学び、考える場として開催いたします。

==基調講演============

●農山村地域再生政策の展望と課題
小田切徳美 明治大学農学部食料環境政策学科教授

●地域で支える食と農―米の地元学「鳴子の米」プロジェクトの5年間
結城登美雄 民俗研究家

==パネルディスカッション============

○おばあちゃんに学ぶむらの仕事と暮らしづくり
桐山三智子 群馬県片品村「片品生活塾」主宰
○農産物直売所の仕事創造力
小林史麿 長野県伊那市「産直市場グリーンファーム」会長
○不動産業と両立させる60の地域貢献プログラム
野老真理子 千葉県大網白里町 大里綜合管理(株)代表取締役

■日時
2010年3月13日(土)13時開場 13時15分開始 15時45分終了
■会場名
ベルサール神田 3階会議室
〒101-0053   東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
■アクセス
・「小川町駅」B6出口より徒歩2分(新宿線)/「新御茶ノ水駅」B6出口より徒歩2分(千代田線)/「淡路町駅」A       6出口より徒歩3分(丸ノ内線)/「神田駅」北口より徒歩7分(JR線)・4番出口より徒歩7分(銀座線)/「大手       町駅」C1出口より徒歩8分(半蔵門線・丸ノ内線・東西線・三田線・千代田線)
■定員     100名(申込先着順)
■参加費   1000円 (資料配布) 当日会場受付にてお支払いいただきます。会場はスクール形式です。

■申込方法 定員いっぱいになりました。

●●●0313シンポ申込(PDF)

を印刷・ご記入の上
農文協「70周年記念シンポジウム事務局」FAX03―3585―3668まで送信下さい。
折り返し、葉書で「参加証」をお送りいたします。(ご住所は必須です)

TIBFたくさんのご来場 ありがとうございました。

2009年7月13日 月曜日

創立70周年記念出展 TIBF(東京国際ブックフェア)が終了いたしました。

お客様

農文協ブースにもたくさんのご来場・ご購入ありがとうございました。

テーマの「街で、村で 農家になろう!」のとおり、「ベランダや家庭菜園

で自家野菜を作っているんです」と言う人が増えてきているのでしょう

か? 野菜づくりの本の棚は若い女性も熱心に立ち読み中…

本を売るイベントでありながら、それだけでは済まさない農文協、

「農」の世界のすばらしさ、「食」の世界のすばらしさをお伝えする二畳間劇場も大盛況!

日本茶 落語deクイズ 茶遊亭彦兵衛師匠

←日本茶クイズ 「日本茶のすべてがわかる本」を読んで君も日本茶通だ!

日本茶インストラクター「茶遊亭彦兵衛」師匠による

落語deクイズは、「お茶」のあれこれをおもしろく学べるものでした。

アフリカ ザンビアの食事

わが協会イチのアフリカ通、

ザンビアの家庭料理を再現。

食べ方も実演してくれました。

世界の食文化「アフカ」

麦わらトンボ子どもにもオトナにも大人気!

麦わらでトンボをつくろう!

童心にかえって麦わらをオリオリ アミアミ

つくってあそぼう「麦わらの絵本」

ご来場のみなさまには「本」のほかに、いいお土産になったでしょうか?

さて、今回会場での売上ベストの発表です!(書店様からも問い合わせがあるのです)

1 自然農薬のつくり方と使い方 農文協/編 定価1470円

2 かんたん!プランター菜園コツのコツ 上岡誉富/著 定価1600円

3 山で暮らす 愉しみと基本の技術 大内正伸/著 定価2730円

4 酵母でつくる焼き菓子レシピ 林 弘子/著 定価1365円

5 うかたま2009年7月15号 特集 玄米食堂 定価780円

本当にたくさんのお買い上げ、ありがとうございます。

お客様より「今だから農文協が必要だ!都市と地域、消費者と生産者を結ぶの

は農文協だ!」とうれしい激励のお言葉もいただきました。70年目の当協会へのエールとして心に留めていきます。

イベントは終わりましたが、大手町の「農業書センター」では、随時、タイムリーな話題の本を紹介中です。こちらも是非いちどのぞいてみてください。

TIBF実況報告(レジ係K日記)

2009年7月10日 金曜日

IMGP0328-1

7月9日
早朝 雨→晴れ(蒸し暑い~)

AM08:00
養蜂家の藤原さんと初対面~♪<(_ _)>
今回の目玉の1つである『日本ミツバチ』ともご対面。

特別に作られたガラスの入れ物に入っている日本ミツバチ君達の
羽の音と甘い蜜の香りが (*^-^*)
今回初参加となるレジ(旧式)の扱いの簡単なお勉強(今ヤルかい!みたいな)

そんなコンナで開場時間になりました。

12時頃、どこからか蝶が飛来しピーマンのマスコットで一休み
その後、来た時と同様にいずこかへ…。

PM14:00ころ、
海外の方々がドッド~~~と。特に韓国の方が多かった感じがしますね。
PM16:00あたりから、人が引き始めた感じが。
それでも時間ギリギリまで書籍購入者がいました。
初日に来てくれた方、ありがとうございます。
不慣れなレジ打ちでスミマセン (><)な一日でした。

IMGP0335-1(1)PM18:00
日本ミツバチ君たち、お疲れなのか羽の音がしていませんでした。

はじまりました!日本最大の本の展示会TIBFです。その1

2009年7月10日 金曜日

IMGP0306-1はじまりました!日本最大の本の展示会TIBFです。

お台場、東京ビッグサイトで7/9(木)~12(日)まで開催されます。

農文協も堂々の出展。今年のテーマ「街で村で、教室で台所でベランダで、農家になろう!」書籍コーナーには人だかりです。自然派、自給志向の人が増えているのかも。

IMGP0347-1

名物、本の産直(たたき売り?)も好調です。

今年の売れ筋は

「プランター菜園コツのコツ」

「自然農薬の作り方・使い方」だそうです。

IMGP0296-1毎年何が飛び出るか、と期待のブースでは、

今年はミツバチが登場!なにかと話題になっているミツバチですが、

藤原さんが連れてきたのは、日本在来の「日本ミツバチ」です。

なかなか見れない専門書や雑誌のバックナンバーも特別価格で入手できます。

お買い上げの方にはプレゼントもあるそうです。

ぜひビッグサイトにおいでください。

http://www.bookfair.jp/index.html

TIBF情報 恒例“二畳間劇場”

2009年7月1日 水曜日

========================
今年も盛りだくさん!
TIBF(東京国際ブックフェア)農文協ブース内「二畳間劇場」!

TIBF入場券も差し上げています!
========================
毎年の東京国際ブックフェアで、書籍の展示会場とは思えない
まったりとした雰囲気?!をかもし出している
農文協名物「二畳間」劇場。
今年は創立70周年記念ということで盛りだくさんの
プログラムが決まりました!

2008二畳間劇場

2008二畳間劇場

テーマは
「街で村で、教室で台所でベランダで、農家になろう!」

書籍や雑誌でおなじみの著者・写真家・編集者らが繰り広げる
「本」では表現できなかった、詳しい話、裏話、裏技の数々!

実施時間とプログラムはこちら

■二畳間プログラム

TIBFは入場券が必要です。大手町・農業書センター
で差し上げています。

たくさんのご来場 お待ち申し上げております。

TIBF(東京国際ブックフェア)2009に出展します!

2009年7月1日 水曜日

今年は創立70周年記念出展!

7月9日~12日は東京国際ブックフェア農文協ブースへ

第16回東京国際ブックフェア

■     2009年7月9日(木)~12日(日) 10:00~18:00

■     東京ビッグサイト

公式サイト:http://www.bookfair.jp/

農文協2009年テーマ「街で、むらで、教室で、台所で、ベランダで、 農家になろう!」

―農家に学んで70年 農文協創立70周年記念―

2008農文協ブース

2008年度 農文協ブース

展示ブースのテーマ

テーマに沿った書籍、雑誌、映像作品を展示販売いたします。

①むらで、街で 農家になろう!(農家に届けて70年・現代農業本誌、別冊)

②庭先で、ベランダで 農家になろう!(園芸書~農業書)

③台所で 農家になろう!(雑誌うかたま~料理書・生活書)

④住まい方で 農家になろう!(雑誌住む、住居関係書、自然暮らしの本)

⑤教室で 農家になろう!(雑誌食農教育~絵本、ほか)

⑥自給再考で 農家になろう!(農政関係・農業書)

⑦70周年記念出版コーナー(全集群)

⑧新刊・話題書コーナー

普段、田舎の本屋さんで紹介している本を実際に手にとって特別価格でお求めになれます!

ご来場・書籍お買い上げのお客様にプレゼント有り!(定数なくなり次第終了)

入場券は大手町・農業書センターで差し上げております。

★★★ TIBF名物!二畳間劇場については次のブログで…

内山節 講演会記録 お申し込みはこちらです

2009年7月1日 水曜日

6月22日に行われた内山節講演会「未来についての想像力-農ある世界への構想」の記録テキストを作成中です。出来ました。

6 月22日(月) JAビル3階会議室にて開催された講演会の記録集「未来についての想像力-農ある世界への構想-」(価格600円 送料100円)と関連図書のお申し込み用紙です。

講演記録ブックレット申込書

PDFファイルですのでプリントアウトしてFAXでお申し込みください。

↓ ブックレット出来上がりました。ご注文はこちら

9784540092374