2010年2月 のアーカイブ

シンポ・「ゆるがぬ暮らしを地域から」3・13(土)開催

2010年2月2日 火曜日

シンポジウム「ゆるがぬ暮らしを地域から」2010年3月13日に開催!

★★ おかげさまで定員いっぱいになりました。 ★★

グローバルな危機をローカルに乗り越える――
このシンポジウムで、そもそも地域とは何か、地域はいま、何ができるのか、そして、
地域に根ざした仕事づくりについて、ともに学び、考える場として開催いたします。

==基調講演============

●農山村地域再生政策の展望と課題
小田切徳美 明治大学農学部食料環境政策学科教授

●地域で支える食と農―米の地元学「鳴子の米」プロジェクトの5年間
結城登美雄 民俗研究家

==パネルディスカッション============

○おばあちゃんに学ぶむらの仕事と暮らしづくり
桐山三智子 群馬県片品村「片品生活塾」主宰
○農産物直売所の仕事創造力
小林史麿 長野県伊那市「産直市場グリーンファーム」会長
○不動産業と両立させる60の地域貢献プログラム
野老真理子 千葉県大網白里町 大里綜合管理(株)代表取締役

■日時
2010年3月13日(土)13時開場 13時15分開始 15時45分終了
■会場名
ベルサール神田 3階会議室
〒101-0053   東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
■アクセス
・「小川町駅」B6出口より徒歩2分(新宿線)/「新御茶ノ水駅」B6出口より徒歩2分(千代田線)/「淡路町駅」A       6出口より徒歩3分(丸ノ内線)/「神田駅」北口より徒歩7分(JR線)・4番出口より徒歩7分(銀座線)/「大手       町駅」C1出口より徒歩8分(半蔵門線・丸ノ内線・東西線・三田線・千代田線)
■定員     100名(申込先着順)
■参加費   1000円 (資料配布) 当日会場受付にてお支払いいただきます。会場はスクール形式です。

■申込方法 定員いっぱいになりました。

●●●0313シンポ申込(PDF)

を印刷・ご記入の上
農文協「70周年記念シンポジウム事務局」FAX03―3585―3668まで送信下さい。
折り返し、葉書で「参加証」をお送りいたします。(ご住所は必須です)

「地元学からの出発」河北新報に書評

2010年2月2日 火曜日

地域の再生シリーズ第一巻「地元学からの出発」が河北新報・文化欄に書評が載りました。

河北新報2010年2月1日読書・文化欄「東北の本棚」より

地元学からの出発
結城登美雄・著

地域の良さ 見つめなおす

「徹底的に地域住民に寄り添う」のが著者の言う「地元学」の在り方。
バラバラになったものをつなぎ合わせる役目を行政に任せず、
地域の人々自身で「ぐずぐずと」進める手法を歓迎している…
…本書には著者のかかわった地域再生の取り組み事例が多く紹介されている。
読みすすめるにつれ、序章で引用されている柳田国男の
「美しい村などはじめからあったわけではない。美しく生きようとする村人がいて、
村は美しくなったのである」(「都市と農村」)という言葉が重みを持って響いてくる。