70周年記念「シリーズ地域の再生」第1巻が発刊されました。

2009年11月26日

農文協70周年記念出版「シリーズ 地域の再生」

農文協・ご愛読者のみなさまへ

〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1

(社)農山漁村文化協会(農文協)・全集編集部

9784540092145

「シリーズ 地域の再生」第1巻が発刊されました。

このたび農文協70周年記念出版である「地域の再生」(全21巻)の刊行がスタートしました。第1回配本は結城登美雄著『地元学からの出発 この土地を生きた人びとの声に耳を傾ける』です。

「わが地域を楽しく暮らそうとする人の目には資源は豊かに広がり、性急に経済を求める人間の目には『何もない』とみえてしまう逆説を、私たちはもう一度考え直してみる必要はないだろうか」(122p)「ひとりひとりでは『何もない』ようにみえても、集まれば、こんなにもたくさんの農産物がわが村にはある。驚きとともに、これなら朝市が実施できるとの自信がみんなの顔にあらわれてきた」(137p)

10数年前、このようにして立ち上がり、いまや全国1万3000カ所に広がった朝市や直売所は、平均売上約1億円、推計約1兆円の「地域創造産業」――いわば「ないものねだり」ではなく「あるもの探し」の地元学が具現化したものです。「地域の再生」は、『地元学からの出発』により、「地域の力」とは何かをたしかめることから出発します。

全21巻、足掛け3年にわたる刊行となりますが、「地域に生き、地域を担い、地域をつくる人びとのための実践の書」としてより役立つシリーズとなりますよう、みなさまのご指導、ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

全巻・ならびに詳細はこちら

◆著者:結城登美雄(ゆうきとみお)

1945年中国東北部(旧満州)生まれ。民俗研究家。山形大学人文学部卒業。宮城教育大学・東北大学大学院非常勤講師。仙台で広告会社経営に携わった後、東北各地をフィールドワーク。「地元学」の提唱や「食の文化祭」などの地域づくり活動で、1998年「NHK東北ふるさと賞」、2005年「芸術選奨・文部科学大臣賞(芸術振興部門)」受賞。著書『山に暮らす 海に生きる 東北むら紀行』(1998年、無明舎出版)『東北を歩く 小さな村の希望を旅する』(2008年、新宿書房)『地元学からの出発 この土地を生きた人びとの声に耳を傾ける』(2009年、農文協、「シリーズ地域の再生」第1巻)

みやぎの食べもの暦 結城登美雄さんの、みやぎの食にまつわる興味深いお話です。
2006年2月13日~2007年7月13日・東北放送ラジオで放送

全集編集部・甲斐よりコメント…「みやぎの」となっているが、全国(いや全世界)で聴いてほしい内容である。また「食べもの暦」となっているが、たんなるホノボノ歳時記話題ではない! 「世界の食べもの事情」「農産物直売所事情」「食と農の未来」「食と農の2007年問 題」「若者と農業」「韓国農村と食文化」など、反グローバリズム生活革命放送なのである!

地域の再生刊行記念フェア 農業書センターで開催中!

コメントは受け付けていません。